2013年02月17日

再生可能エネルギー見学ツアー!

   〜水の力で24時間発電する水力発電を見学しよう
 気候変動による生態系への影響が危ぶまれる中、地球温暖化対策として世界中で太陽光、水力、風力、バイオマスなどの再生可能エネルギーの普及が加速しています。
山梨県では「CO2ゼロやまなし」(2050年までにCO2排出量をゼロにする)という高い目標を掲げて、再生可能エネルギー地産地消100%目指してグリーンニューディール計画などを推進しています。

富士川町でも地球温暖化対策実行計画(区域施策編)をこのほど策定し、省エネ・再生可能エネルギーの推進をしてCO2削減の取り組みを進めていくところです。
 日本中でトップクラスの日射量を活かした太陽光発電と併せて、急峻な山に囲まれた山梨県は水力発電も可能性が大いにあります。
 水力発電は100年以上も前から使われており、24時間発電できることから発電のベースとなることが可能です。
今回は、富士川町に一番近いところの小水力発電所ということで、平成22年2月1日に稼働した
南アルプス市芦安にある金山沢川小水力発電所(最大出力100kW )の見学と富士川町戸川の上流に
ある小水力発電適地の見学会を行います。
ぜひご参加ください。
 
※「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法(新エネ法)」の対象では、出力1,000kW以下の比較的小規模な水力発電設備を「小水力発電」と呼びます。
【日 時】 平成25年3月22日(金)
【集合時間・場所】午前8:45 
富士川町役場集合 出発9:00
       (役場帰着予定12:15頃)
【見学場所】 
@富士川町 戸川上流 小水力発電適地     9:15〜10:15
  A南アルプス市 芦安 金山沢川小水力発電所 10:45〜11:45
【参 加 費】 無料
【交通手段】 貸し切りバス
【募集定員】 20名(定員を超えた場合は応相談)
【募集期間】 3月1日〜3月15日
【主  催】 富士川町地球温暖化対策地域協議会(「エコふじかわ」)

◆問い合わせ申し込み先
 町民生活課生活環境担当 電話1(プッシュホン)0556−22−7209(土日、祝祭日を除く)
  事務局長(芦澤)直通 電話1(プッシュホン)090−3574−7338
街中プラザいきいき村 川口にもどうぞ 0556-48-8177
posted by かわぐち at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

森林資源を効果的に活用しよう

日本の国土の80%を占める森林資源を効果的に活用しなければ!
間伐作業により森林を保全する、
そして国内産の木材を使って、ベビーベッドから棺おけまで国内の需要を国を挙げて拡大しましょう

住宅はもちろん、公共の建物には国産材を使うように義務付けて、森林資源との共存共栄を図りたい
バイオマスの開発と利用に関しては、県ごとに利用促進のコンペを通じて競い合いましょう!
撒きストーブの利用に補助金を設けて推進できませんか?
各県にある公共の温泉には、重油に代わって、バイオマスエネルギーを利用してCO2の削減を図りましょう

また、地熱エネルギーの開発にも拍車をかけたい。
わが国には十分な技術力があるので、開発と実用化を促進しましょう
これらにより、国内にある資源を活用したエネルギー産業を振興して、「地域おこし」を全国展開する。

海外の資源(石油、LNG,ウラン、プルトニウム)に頼らない国内”自給力”を高めたエネルギー政策を具体化できないでしょうか?
原子力は、希少金属を海外に依存していることをあらためて認識した上でNoです!
「安全安心なクリーンエネルギーの安定供給」を目指しましょう

そんな時代を夢見ながら、大手企業がもっともっと”都会と地方の格差を是正”することにも活目して貢献度を高めて欲しい。
地方や農山村に活力を取り戻さなければ、わが国のバランスある発展成長は得られないでしょう!
posted by かわぐち at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

原子力の危険をあらためて認識しよう

原子力 ウラン得られず 核倉庫
原発が 危険を拡散 世を変えよ
政治家が 原発近くに 移れるか?
推進派 原発村へ 住みません?
電力源 安全安心 クリーンに!
もういやだ 危険生み出す 原発は

山梨県富士川町の「エコふじかわ」と町民生活課では
南アルプス市の小水力発電所を3月22日に見学します。
詳しいことは、環境を考えるブログ3月17日をご覧ください
posted by かわぐち at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

環境立国日本の底力と活力を増大しよう

我が国の産業と経済・くらしを再生復活するためにはどんな起死回生の方策が必要か?
それは、国内需要(内需)の拡大により都会と地方の経済発展のバランスを図り、地方の活力を最大限に発揚することです。

1次産業の農林漁業や環境とエネルギー、観光の分野を中心とする地方において生産力と消費力を拡大することが必要です。
我が国の農業を国や県が本気で”自立再生”できるか?!
食料自給率40%を60%にするような「地方と農業従事者を支援する抜本的な施策」を拡充するべきダ!
政府や全農はどうして「農家の農業生産力を高める」ことにもっと戦略的な取組みができないのでしょう??

環境の分野では、地域の資源エネルギーを活かして小水力発電や太陽光発電を推進しよう
クリーンエネルギーの「地産地消」により、化石燃料や資源を輸入する海外依存を減少させる、
また電力の送電するコストを減額する。

日本の国土の80%を占める森林資源を効果的に活用しなければ!
間伐作業により森林を保全し、国内産の木材を使って、ベビーベッドから棺おけまで
住宅はもちろん、公共の建物には国産材を使うように義務付けて、森林資源との共存共栄を図りたい
バイオマスの開発と利用に関しては、県ごとに利用促進のコンペを通じて競い合いましょう!

また、地熱エネルギーの開発にも拍車をかけたい。
これらにより、国内にある資源を活用したエネルギー産業を振興して、「地域おこし」を全国展開する。

海外の資源(石油、LNG,ウラン、プルトニウム)に頼らない国内”自給力”を高めたエネルギー政策を具体化できないでしょうか?
原子力は、希少金属を海外に依存していることをあらためて認識した上で、「安全安心なエネルギーの安定供給」を目指しましょう

そんな時代を夢見ながら、大手企業がもっともっと”都会と地方の格差を是正”することにも活目して貢献度を高めて欲しい。
地方や農山村に活力を取り戻さなければ、わが国のバランスある発展成長は得られないでしょう!

環境にやさしい地域を創ろう!美しい地球を取り戻そう
AMIPLAZAいきいき村
地域と人々が元気に明るく!
街中プラザ「いきいき村
川口正満
posted by かわぐち at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

環境のたいせつさについて考え直そう

温暖化 天災招き 罪深い
止めたいナ 宇宙開発 ゴミの山
CO2 もう増やさない 地球村
守るんだ 自然とくらし 清らかに
山崩れ 森林保全 怠って
車より だいじな命 やっと知る

広めたい 清き大気を 中国に
中国産 空気清浄 増産を
排気ガス 人の命も 汚染する
大国が 車を減らし クリーンに
中国が 温暖化危険を 今教える

街中プラザ「いきいき村」は
地球に優しい取り組みを広めています
村長 川口正満
posted by かわぐち at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

リニアの電力源は??

1月24日にこの環境を考えるブログでリニアの電力源についてJR東海に対して質問しました。

リニアの電力源は原子力発電によるのでしょうか??リニアの走行方式は、電力を3倍消費するとのこと!!
この基本的な走行技術に関して、国民に対して納得できる説明なくして
リニアの走行後の山梨県の発展などについて夢物語で語られています。

原子力の危険を有したままで、時速500kmで日本を縦断するのでしょうか??
それとも、通常の火力による発電などで走行できるのですか??
JR東海から信頼と誠意ある回答をお願いしたいですね

地球にやさしい環境を取り戻しましょう!
街中プラザいきいき村
優れた事業所や体験型の観光と交流を! 産業観光研究会
posted by かわぐち at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

自動車の公害に対して市民の声

CO2を排出する車のメーカーに対して市民の声をお届けしたい

*身勝手な 車横行 排気ガス
*責任を 車製造 ガス回収
*ガス出して 出し放しで 儲けてる
*清らかな 空気も再生 して欲しい
*取り戻せ 澄んだ世界を カーメーカー
*排気ガス 環境汚染を 地球に拡散

青く美しい地球を取り戻そう!
街中プラザ「いきいき村
村長でした
posted by かわぐち at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月24日

リニアの電力供給についてJR東海に質問

リニアの電力供給についてJR東海に質問であり、昨年山梨日日新聞に一部修正されて掲載されました。
(JR東海のご関係者やこの電力供給の技術と方式について詳しい方のご教示をいただければ有難いです)

超電動浮上方式リニアは原子力発電による電力が前提条件でしょう。
また輸入に依存するレア金属である液体ヘリウムを使用して走行すると解します。
いづれも恒久的に安定して供給されるかどうか極めて不安であると懸念します。
これらの関連の情報がこれまでなぜか十分公開されていないので国民はその重大さを理解できないまま月日が立っています。
次世代のためにもこの場を借りて勇気を出して質問し、JR東海から説得力ある見解を求めます。

自然保全に関連する環境評価の作業が進んでいます。
が、リニアの実現には原子力による電力供給について安全安心できる技術をもとに、また必要な資源の供給条件も保全されること、そして国家的なリスクがないことを詳しく説明されるよう要望します。
「原子力発電所を廃炉にしよう」という国民的な声も大きく、また浜岡原発を恒久停止にという県内や静岡県の地方自治体、経済団体から請願も出されています。
今、東京電力は大津波や地震に対する安全対策が不十分だったので国家的な被害を与えてしまい経営破綻状態となり、国とともに社会に対して何十年にわたり、損害賠償を負っていきます。

JR東海はリニアの電力は、原子力発電と液体ヘリウムの利用を前提条件とすることを明言してください。
他の電力供給でも走行できるのでしょうか?
液体ヘリウムが輸入できない事態は全くないのでしょうか?
その上で、危険性が完全にないことについて、中部電力とともに関連情報を十二分に公開して未来永劫に「地域社会と人々の命を安全安心に保証できること」を宣誓してください。
(富士川町 川口正満 昨年は63歳でした)
posted by かわぐち at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

地域を元気に明るく!

いきいき村
 会員・協賛者の皆様へ
 町内外のご支援いただくお客様、皆様へ

昨年は大変ご愛顧いただき有難うございました。

巳年25年 ご家族皆様のご多幸を祈念しております。
 「地産地消」を広めて地域をドンドン活性化していきましょう!

 地球に優しい取り組みも意欲的に実行していきましょう
 例えば、生ゴミの減量化など

いきいき村では次の”25”目標を掲げて取り組みます
1)食品加工品やギフト品を拡販して、25%アップ販売促進しましょう!
2)安全安心の[いきいき菜]など農産品を25%意欲的に増産しましょう!
3)楽しい試飲試食の「まいど・いきいき朝市」を25回行ない、集い語らいます!
4)会員それぞれが町外から知り合いやお客様を25人お誘いしましょう! 
5)会員や協賛者を25人増やし、街中プラザ「いきいき村」を大きく育てましょう!

本年は国民文化祭が行なわれ県外からも大勢のお客様をお迎えします。
1月19日、20日には文化ホールで太鼓祭りが、4月には鰍沢で山車祭りが行なわれれます。

2月3日は昌福寺の節分です。いきいき村も例年通り出店のお誘い受けて盛り上げに協力します。

そんなこんなで街と人々が元気に明るくと願いながら、知恵と汗をかいていきたくよろしくお願い申し上げます。
尚、小生町の行財政改革推進委員として町の活力を高めて行政を身近にできるよう参画します。
皆で「町と人々が元気に明るく!」と広めていきたいですね

街中プラザ「いきいき村
  代表 川口正満、役員一同
0556-48-8177
富士川町青柳町221-1

ラベル:地域
posted by かわぐち at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

エコふじかわ

山梨県の地球環境を考え、人や地域にやさしい環境を作ろうと活動する「エコふじかわ」を
紹介します
富士川町地球温暖化対策推進地域協議会として、役場の町民生活課に事務局をおいて16名が活動しています。

これまで、保育園の屋根に、ソーラーシステムを設置して、CO2削減にも貢献しています。
売電した収益を施設の建設に出資協力した方々に、「地域通貨」を発行して、地域内での購買消費ももくろんでいます。
また、バイオマス燃料や、小水力発電、ゴミの減量化にも取り組みを検討しています。
全国のお仲間と共に積極的にこれらの活動に取り組んでいきたくご指導ご支援をお願いします。




posted by かわぐち at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

生ゴミの減量を

食材を上手に料理して、先ずは台所から生ゴミの量を減らしましょう
次に、生ゴミを「燃えるゴミ」に入れてゴミの収集車にお願いする量も減らしたいですね!

生ゴミを畑のコンポスターや有機堆肥に大いに使いたい。
畑のない家庭では生ゴミ処理のバケツに入れて、発酵させてその液肥と有機堆肥をからプランタンなどに利用しませんか?
あるいは山梨県内では、最近皆様の食品スーパーやまとに持ち込むこともできます。
EMの善玉菌が、腐敗して悪臭を発する悪玉菌をやっつけてくれます。
EMバクテリアの力を身近に大いに利用しましょう。

生ゴミの減量にはEMボカシT型を用いて、発酵を促します。
街中プラザ「いきいき村」には、エコクラブみのぶで製造したEMボカシT型を1キロ315円で販売しています。
富士川町の街中プラザ「いきいき村」にお出かけなりませんか?

街中プラザ「いきいき村」から
街と人々が元気に明るく!
Tel/Fax:0556-48-8177
川口正満
☆穂積のゆず、塚原山の美味しいりんご、評判の良いニコニコトマト、平林のキウィ、
 地元の里芋、さつま芋、たくさんの採り立て野菜
とともにお待ちしております。
焼津さかなセンターで販売している「駿河湾の桜エビやいろんな鰹節商品」を特価で販売中です。
 どうぞご来店ください
posted by かわぐち at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

EM発酵液の力

生物の発酵という機能はホントに大事ですね。
身近な乳酸菌や酵母菌の役割は皆が知るところです。
EMという有用菌はバイオ細菌の酵素を混合して効果的な役割について近年脚光を浴びています。

エコ・21という富士川町の主婦10人がEM原液と糖蜜に米のとぎ汁を混合して作った「EM発酵液」は次のようにとても役立ち、暮らしや家庭菜園、農作業をすごい助っ人となっています。
・生ごみの腐敗・発酵を促進する
・花や苗、果樹などに栄養剤となり虫を予防する効果がある。
・風呂のぬめりをなくして、体にはアトピーにもよさそうです。 
・洗濯のよごれ落としにも効果がある。
・油汚れを落とすにも化学洗剤よりも安全安心して使える
などなど。
いきいき土曜“朝市”4月28日にはEM発酵液を作り、販売し自らもいろんな使用方法をされている体験談などを意見交流しました。
EM発酵液のお買い求めには、
山梨県富士川町の街中プラザ「いきいき村」 0556-48-8177にお気軽にお出かけください。
posted by かわぐち at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

EM発酵液

EM発酵液について使用法を説明します
EM菌とは有用菌または善玉菌であり、悪玉菌をやっつけます。

食品生ごみの発酵処理や、苗、花、植木の消毒や肥料の代わりにも効果的です。

お風呂に入れるとヌメヌメを除去します。
プールに入れると、冬場の藻を食ってくれるので清掃作業が助かります。

いろんな実体験に基づく使用方法についてエコ・21の主婦たちから教えてもらえます。
山梨県富士川町のエコ・21の主婦グループはEMの原液と糖蜜、お米のとぎ汁を配合して、EM発酵液を生産し、評判の輪が広まっています。

4月28日(土)9時半から11時半まで いきいき土曜「朝市」に どうぞお出かけください
いきいき村店内にて説明会を行ないますのでお待ちしております。
posted by かわぐち at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

原発とリニア 県民は深慮遠謀を

原発とリニアに関して、山梨県(民)はもっと真剣に深慮遠謀しなければ!
山梨県(民)はリニアを誘致したいが、原子力発電の施設には反対という。
福島原発の被災者の嘆きと悔しさや復興復旧の膨大な時間と税金の浪費を目の当たりにし、自然災害と原発の恐ろしさをもっと深刻に身近に考えなければ!
リニア後のやまなしについて識者が連載しているが、リニアの電力は浜岡原発に頼ること、液体ヘリウムという外国の資源に依存した先端技術について情報が伝えられない。

超電動浮上方式リニアは、液体ヘリウムマイナス265度を気化するエネルギーを活かし、磁力のNとSの相反する力で重量車体を誘導する。この世界で初めての高速輸送技術は原子力発電から電力を必要とする。しかしリニアを語る時、原子力に依存する電力供給について説明が極めて不十分であり、なぜか理解できない。

原発について安全安心の神話が裏切られた今、国とJR東海は十分な情報を開示し、国民が廃炉を求めている原子力発電により走行するリニアについてもっと真剣・慎重に対処するべきである。
原子力発電(所)と超高圧の変電所や送電線網、駅舎には危険性を解決する最大限の対策が必要です。
世界初の超電動浮上方式リニアは「安全安心を保証」し、南アルプス山脈の「森林や水源の自然環境の保全や住民のくらしと将来を守る」ことが前提条件である。
原発の危険性は金輪際広めてはならない。

国や県は”リニアの電力”について大きな危険を孕むことを認識し警鐘して欲しい。
JR東海は“その電力の調達と供給”に関して調査・計画をやり直さなければ禍根を残すでしょう。
リニアは120%安全保障され、信頼して誘致でき安心して利用できる地域が誇れる公共乗り物であって欲しい。
街中プラザ「いきいき村」村長 川口正満でした
posted by かわぐち at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

防災と環境

秋の行事が毎週忙しいですね

今回の産業観光は防災と環境について学びます
一人ではなかなか体験や見学できない公的な施設や事業所なのでこの機会にご都合つけて
ご参加ください
特に、防災安全センターでは臨場感のある体験もできるのでお奨めです
ご参加できる方はご返信をお願いします。

中央市・南アルプス市の優れた施設:
県立防災安全センターとリサイクルプラントを見学! 
産業観光はキラリと光る事業所を見学し交流を広めます

11月25日(金) 13:30〜16:30 雨天決行 
 1)県立防災安全センター   http://yamanashi-bousai.or.jp/
    防災に関してさまざまな情報や体験の場を提供しています。
    連日見学者が体験などを通じて身をもって意識を高め、災害への備えの必要性を学んでいます。
起震車による大地震の体験や専門家の体験談も伺い、備えを十分行ないましょう。

 2)(有)峡南環境サービス  http://www.kyonan-k.biz-web.jp/
   南アルプス総合リサイクルプラント
「環境の世紀」に果敢に対応して産業廃棄物を中心に解体・収集・選別によるリサ
イクル事業を推進中です。自然環境の保護・改善をめざし社員は積極的に資格を取
得し地域社会との共存共栄に取り組む現場を見学します。

参加費: 400円(事務手数料) 
募 集: 20人 (申し込みされご都合悪くなる方はお知り合いをお誘いください)
集合時間: 13:20 防災安全センター駐車場 中央市今福991 TEL.055- 273-1048  
☆自家用車で移動します。
 
後援: 山梨県、やまなし観光推進機構、山梨県中小企業団体中央会、山梨県商工会連合会、  
     山梨日日新聞・山梨放送
協力: 山梨県立大学地域研究交流センター、山梨学院大学、山梨大学、ことぶき勧学院、 
     山梨フジカラー、 NPO富士川・夢・未来

共催:県内の人々が元気に!産業観光研究会 http://sangyokankoken.seesaa.net/
   街中プラザ 「いきいき村」 http://ikiiki-mura.seesaa.net/
                    お申込みをお待ちします  Tel:0556-48-8177


posted by かわぐち at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。