2008年11月14日

「学校林」の活動を通じて伸び伸び教育を!

小中学校時代にみなで汗を流して体で覚えたことは「人をつくる基本」となりますね!
野山で遊びながら習うことは一生の思い出となり、よい友達ができ、コミュニケーションも上手になります。
子どもたちが農林漁業の第一次産業にもっともっとふれあうような機会を増やしませんか!?
野外活動の学校教育として「環境教室」「体験型授業」の拡充を図りませんか?

地域の先輩や指導者たちとともに課外のアウトドア教育としても!
農業はもちろん、「学校林」に活動を通じて、自然や森林資源と親しみ、たくましく成長できるように!
全国で「学校林保有校」は3312校と、1974年に5256校に比べ大幅に減少。

維持管理が大変、指導者が減っているなどが直接の原因です。
また、知識つめこみ、学力を優先する学校やPTAの基本的な要望がありそうです。
家庭では、共稼ぎの家族や、家の中でファミコンなどで遊ぶ子どもが激増。

学校林の「ぬくもりあふれる伸び伸びとした教育活動」を通じて、
☆体力づくりと仲間たちとの知恵と汗を出し合い、友情をつくれる!
☆雑木林などで自然にふれあい、草木にふれてそのすばらしさを知り、環境教育ともなる!
☆仲間たちと支えあい・教えあい、助け合い、おもいやりある成長をできる!

林野庁や森林管理署は文部科学省と密着した教育方針を打ち出して欲しい!
各県の農林高校や農業大学校や森林組合などは、小中学校との交流機会を大幅に増やしたい!
やはり、先ず、人づくりや森林保全を打ち出す「政治の力」が必要でしょう。
学校や教育関係者、PTAには子どもたちの将来を塾慮したたくましい子どもたちを育てるよう一層のご尽力をお願いします!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

☆油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
☆バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
産業観光研究会は地域活性化のためキラリと光る商工農林業の事業所・公的施設・先進的に環境対応する施設を「産業観光」しています。


posted by かわぐち at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

小水力発電開発支援室

山梨県は「小水力発電開発支援室」を設けて、小水力発電を今後10年で20箇所建設する計画である。
現在、県と東京電力が所有する小水力発電は13施設。
都留市などの市町村や民間が5施設のみを管理している。

今後、小水力発電所であれば、小規模であり、建設投資額もさほど掛からない。市民の出資参加型も可能なので、建設促進を前倒しで、大いに普及できませんか?

地方の産業振興のための「企業誘致室」と並んで、自然エネルギーを「地産地消」することは、地球環境にとっても県民生活にとっても優先的な課題である。
「小水力発電開発支援室」の職員が山梨県の山や渓谷から生まれる水資源と河川の利用について精力的に各市町村やNPO団体などと連携した早期具体化を図るように期待したい。

地球環境にやさしい、“国産エネルギー”のクリーンエネルギーを前倒しで増産しましょう。
環境省には、予算取りや他省庁との連携や調整など強力なリーダーシップをもとに、全国で小水力発電の開発を促進して欲しい。 
全国地球温暖化防止対策推進センターなどのホームページを通じて情報を大いに発信し、理解を深めましょう!
国内にあらたな有効需要を創出する国を挙げた自然エネルギーの開発プロジェクト」にしませんか?

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

☆油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
☆バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
産業観光研究会は地域活性化のためキラリと光る商工農林業の事業所・公的施設・先進的に環境対応する施設を「産業観光」しています。


posted by かわぐち at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

太陽光発電行動計画がスタート

ようやく自然エネルギーの代表といえる「太陽光発電の本格的な導入」への動きが見えてきた。
温室効果ガスの削減と国産エネルギーの安定確保のために!

政府は、公的施設への設置の取り組みを加速する!
鉄道の駅、空港、小中学校、高速道路のパーキングエリアなど。

補助金の割合は、現在の3分の一から、2分の一に引き上げる。
これに伴い、太陽光発電システムのコスト削減と環境教育を促進することになる。

政府は、太陽光発電の導入量を2020年に現在の10倍、30年には現在の40倍とすると決定している。

が、地球の温暖化防止のためには、まだまだ生ぬるい計画ではないか?
国と地方自治体、産業界と国民が総ぐるみで真剣に取り組めば十分に前倒しできる!
これまで地球環境を破壊してきた化石燃料の石油と、海外に依存するエネルギー政策。
政治と自動車、鉄鋼、電気などの産業界は、二酸化炭素CO2を排出し地球温暖化をもたらした責任の重さ
も振り返ってもらいたい。

今後は、国を挙げて自然エネルギー・国産エネルギーを戦略的に普及推進するように本格的に取り組みましょう!
欧州の各国に比べて大幅に遅れているクリーンエネルギーの安定的な生産と利用をホントに加速しましょう! 

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

☆油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
☆バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
産業観光研究会は地域活性化のためキラリと光る商工農林業の事業所・公的施設・先進的に環境対応する施設を「産業観光」しています。

posted by かわぐち at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

全国地球温暖化防止活動推進センター

環境問題に取り組み中の方は、誰でもJCCCA:全国地球温暖化防止活動推進センター (Japan Center for Climate Change Action)をご存知ですね!
これから仲間とともに取り組もうとする方は、そっそく同センターの豊富な情報をご覧ください。

同センターは、平成11年に施行された「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき、環境庁(現在は環境省)長官から同年7月に財団法人日本環境協会が全国地球温暖化防止活動推進センター(以下全国センターという)の指定を受けました。

地球温暖化対策に関する普及啓発を行ない、地球温暖化防止に寄与する活動の促進を図ります。
全国の都道府県にそれぞれの「地球温暖化防止活動推進センター」があり、地域の公的機関・団体とともにさまざまな地球温暖化防止の活動を展開しています。

全国各地の皆様も、消費者・住民や小中学生などとともに、地球温暖化防止の活動を具体的に取り組みませんか?

ストップ地球温暖化1村1品山梨大会(山梨県地球温暖化防止対策推進センター主催)では、増穂町地球温暖化対策地域協議会(エコますほ)が16チームの発表の中で、最優秀賞となりました。

太陽光発電を町立第一保育所に設置し、「保育所共同発電で商店街も元気に!」という取り組みで、町(保育園)と園児たち、商店会と町民そしてNPO団体が環境問題を考え、自然エネルギーについて学び、具体的な取り組みの輪を広めることが評価されました。
その活動が評価されたポイントについて関連記事をどうぞご覧ください。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

☆油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
☆バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
産業観光研究会は地域活性化のためキラリと光る商工農林業の事業所・公的施設・先進的に環境対応する施設を「産業観光」しています。

posted by かわぐち at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ストップ地球温暖化1村1品山梨大会

ストップ地球温暖化1村1品山梨大会が本日10時半から16時半まで開催された。
12団体がエントリーしてそれぞれのすばらしい活動が紹介された。

その結果、増穂町地球温暖化対策地域協議会(エコますほ)の太陽光発電を町立第一保育所に設置し、「保育所共同発電で商店街も元気に!」と言う取り組みが活動の発表が最優秀賞となった。

自然エネルギーを利用する町を挙げた活動に関して、
温暖化対策推進協議会として県内で最初に町が参画して立ち上げたこと
保育園児や父母にも環境と太陽光発電について考えさせる教育的な意義が認められた

園児から名前を募集し「ピカリコ1号」と命名し、子どもたちの環境への関心を高めた

町民に、建設費を一口5000円以上の参加費 総額60万円を募集し、「参加型」で太陽光発電の必要性について啓蒙活動として位置づけた。
商店を巻き込んで、5年後にはエコ通貨として、商店会の買い物に発展にも還元する事業活動が評価された
建設費の85%をグリーン電力基金から助成を得たことも間接的に大きな評価ポイントでしょう。

2月14,15日には環境省が後援する東京での全国大会があり、山梨県代表として出場しますよ。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
産業観光研究会では、地域活性化のためにキラリと光る商工農林業の事業所・公的施設・先進的に環境対応する施設などを「産業観光」しています。


posted by かわぐち at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

日本のクリーンエネルギー普及への足かせ

日本では、‘03年の新エネルギー利用特別措置法(RPS法)により、
クリーンエネルギーの利用目標量を2010年度に全発電量のわずか1.35%としている。
チト目標が低すぎて、自然エネルギーの普及に歯止めがかかっている!
加えて、電力会社が買い取る売(買)電価格が9円/`ワット時ほどと安い!

ドイツでは、再生可能エネルギー法により、
売(買)電価格を高く設定しているので、クリーンエネルギーの風力発電などの建設コストを早期に回収できる。
さらに、電力会社の買い取りこすとは、電気料金として消費者が負担することもシステム化している。
これにより、行政、民間法人、消費者が「循環型の安全安心なクリーンエネルギー」を積極的に生産して消費している。

日本の自然エネルギーを普及する行政(経済産業省、環境省、国土交通省)と電力会社には、構造的な変革を早急に求めたいですね!
また、政府は、原子力発電を重視しているが、プルトニウムやウランは、どこの国に依存するのでしょう??

わが国において、安全安心して国内で生産できるクリーンエネルギーを官民が真剣勝負で普及できるように政府は早急な戦略的な対応施策を施すべきですね!!

欧州などに比べて大幅に遅れている自然エネルギーの普及を格段に高めましょう!!

それにしてもNEDO新エネルギー・産業技術総合開発機構が推進しているクリーンエネルギーに対するさまざまな助成制度はとても有難いですね  

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
産業観光研究会では、地域活性化のためにキラリと光る商工農林業の事業所・公的施設・先進的に環境対応する施設などを「産業観光」しています。



posted by かわぐち at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

流通部門の二酸化炭素CO2発生量を減らそう

各県で、流通運輸部門が排気ガスによる二酸化炭素CO2発生が多く、減少するために苦戦している。
山梨県の場合、公共乗り物が誠に不便なので、トラック輸送や自家用車での移動が多くなる。
山梨県では、自家用車に対しては「アイドリングをしないように」「上手に発車を!」と呼びかけている。
これだけでは、チト生ぬるいようです。

運輸行政の視点からは次の施策も検討し具体化を図りたいですね!
業務分野では、さまざまな方法で検討されているので、個人部門について次を提案したい。
1)大型車には車両税などに重課負担を実施する。
  また、軽自動車への買い替えを促す。

2)企業では、社員の公共乗り物の利用促進のために奨励制度を設ける

3)通勤に、自転車利用を奨励し、具体化への地域や業種別にコンペを行なう

4)地方からの通勤者に対して、パーク&ライドの推奨。
公共乗り物や地方自治体が政策的に駐車場を確保したい

行政に対しては
5)渋滞をできるだけ解消するようにさまざまな方法を施す。
例えば、一方通行の実施。河川の土手の利用など。

6)道路標示・案内板を適切に配備して、初めて走るドライバーにやさしい案内を推進する

7)全ての交差点に名前を明示し、来街者が右往左往したり、交通事故の場合も、消防・警察に速やかに通報できるようにする。

8)電気自動車の利用状況について前広に情報を開示し、県・市町村ごとに導入計画を競争してもらう。

これらの案も積極的に盛り込み、「行動計画」を策定し、即、実施できることを望みたい。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
産業観光研究会では、地域活性化のためにキラリと光る商工農林業の事業所・公的施設・先進的に環境対応する施設などを「産業観光」しています。
posted by かわぐち at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

地域でエネルギーを作ってみましょう

山梨県森林総合研究所では、12月5日(金)に「地域でエネルギーを作ってみました」という3つの事例紹介の講演会を行ないます。

その中で、木質バイオマスの熱エネルギー利用について甲州市の古屋製材株式会社の事例に注目したいですね。
山からの間伐材などの収集方法は? 
チップやペレットへの加工方法は?
山梨県内での材の供給と加工した製品の需要見通しは?

同社では隣接するペットボトル工場に熱エネルギーを供給するという画期的なコラボレーションを実現しています。
これらの導入事例について講義を拝聴しませんか?

また同社を見学させていただき、山林資源が山のようにある山梨県の他の地域例えば、峡南地方にも同様のプラント設備を誘致できないか
関係先で連携して検討していきたいですね

産業観光研究会 主催第20回11/22(土)特別講演会!「山梨県の経済発展と峡南地方の魅力を発見・発信!」 ご参加されませんか? 
 川口 正満 (中小企業診断士)
人とまちを創ろう甲斐!地方の活性化を目指します。
 
ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます



 
posted by かわぐち at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

自然エネルギー 太陽光発電システムについて

産業観光第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」ではTDK甲府工場の300Kwの太陽光発電システムを見学させていただきました。

参加者からの質問に対して下記のとおり同社からお答えいただきましたので業務用や家庭用の導入のためにご参考にしてください。

Q1 家庭では、パネル、家庭内配線との接続、屋根の補強など経費負担を考えるとすぐに普及するとは思えない
A1 太陽電池パネルは14kgと軽量化しており屋根補強は特別にしなくても一般の屋根でしたら設置可能と思います。
屋内配線や接続は専門の業者でしたら問題ないと思います。
経費負担については企業より家庭の方が、売電できる価格が高く(企業11円、家庭25円)回収は12〜13年で可能です。

更に来年からは10〜30万円(見込)の補助金がでますので10年以下で回収可能になると思われます。
なんといっても、太陽光発電の最大のメリットはクリーンエネルギーによる温暖化防止かと思います。

Q2 太陽光発電は環境社会にとって不可欠ですが、コストや効率を考えるとまだまだの分野と思いました
A2 家庭の場合、答えはA1と同様です。
企業なら社会貢献・温暖化防止対応がメリットになります。
一般には企業への補助金50%を活用すれば7〜8年ぐらいで回収可能であり、まだまだでなく、実現性は高いと思えます。

Q3 これまでの見学者グループについて分野別などの取り組み状況についても知りたかった。

A3 団体比率では公的機関12% 企業88%となり、人数比率では公的48%、企業52%となっています。 
  目的は、公的機関は市役所・学校などでは環境教育です。
企業では設置したいという目的で、工事方法・補助金申請方法・業者選定・プロジェクトの進め方などのために視察研修されます。

Q4 工場内の見学ができればよかったと思います
A4 工場内はクリーンルームで人が入ることで空気が汚染され、作業員以外はほとんど入室できません。
また、入ったとしても半導体製造装置は機械があるのを見ることができるのみで、製品が動いているところを見ることはできませんので、面白味が全くありませんのでご理解願います。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください



posted by かわぐち at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

浄化センターの重要性と必要性

山梨県内で最大の(財)山梨県下水道公社釜無川浄化センター産業観光研究会
26名が「産業観光」しました。
毎日お世話になっている終末処理施設では、トイレの汚水、雨水、台所、厨房食堂など排水下水を処理しています。下水道設備がない場合、地下や溝に流れたり、川や海の汚染のもとになります。

同施設は山梨県増穂町長沢にあり、平成22年までの全体計画人口29万人、計画処理推量約19万m3/日最大を目指しています。
合併市町村前の旧16市町村(韮崎市や甲斐市などを含む)からも汚水が流入して清潔に、安全に処理されています。

大規模設備の屋上まで上がり、幾つかのタンクを覗いて水質がきれいになる状況を見学。
また汚水がバクテリアなどの働きできれいになる様子を顕微鏡のモニターを通してみることもできました。
大規模処理施設は、コンピュータ管理され、非常時には自家発電システムにより支障なくコントロールされています。

快適な生活環境の確保と生活インフラ都市基盤の整備のために、「人と自然にやさしい下水道施設の循環型システム」は重要であり不可欠です。
今回、参加者の関心が環境問題全体に関して関心が高いことがよく分かりました。
山梨県内の下水道普及率は58%余りとまだまだ市町村ごとに普及が期待されています。
近隣の小学生はほとんど見学していますが、大人ももっともっと学習しながら「清潔で快適な生活と地球環境の保全ができるよう!」に関心を持ち、取り組めるように努めたいですね。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください



posted by かわぐち at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

野菜のオーナー制度

山梨県増穂町の平林地区はトマトと大根を生産奨励中。
平林の寒冷地に育ったトマトはとても美味しく評判がよいです。
しかし、トマトの栽培は、剪定や追肥など手が掛かります。

さて、果実や葉物と根モノでは生育方法の違いがありますね!

大根は追肥もなく、草取りと間引きを行なうと3ヵ月後には40〜50cmほどの立派な大根を収穫できます。

そこで農業に関心ある方なら誰でも一区画3000円で 大根のオーナーになれます。
遠隔地の方でも、グループのお仲間でもご利用しませんか?

小生も昨年に続き、先日種まきをしてきました。
農地は、猿や猪から守るために電子柵に囲まれ、数ヶ月間安全な農地として管理されます。

瑞瑞しいおいしい立派な大根が12月には50〜60本ほど収穫できますよ!
今年はもう種まき時期が過ぎたので、来年に向けて広く皆さんで楽しい計画・目標を設けませんか?

種まきと、草取りと間引きそして収穫の農作業を通じて、
山紫水明美しい自然の中で、
子どもたちや高齢のご両親などとともに農地と大地にふれあい、
たくましい子どもを育て、しあわせな家族を創りましょう!

農業と食にふれあい、親しみ「食育」ともなります。
主婦仲間とともに、直売所で販売することもチャレンジしてみませんか!?

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」「天然素材」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください



posted by かわぐち at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

風林火山エネルギー

自然エネルギーの中で、森林資源を活かした木質バイオマスを普及しましょう!
「バイオマスタウン」が現在全国に151市町村あります。
農林水産省の環境バイオマス政策課社団法人日本有機資源協会が音頭取りして「循環型社会の実現」を展開中。

廃棄物系のバイオマスの中で、食品廃棄物の利活用が最も遅れています。
食品廃棄物は年間約2000万トン発生するが約75%が未利用!!

業務用、家庭用に分けて、この食品廃棄物や生ゴミをお住まいの市町村ではどのように回収、処理していますか?
また、農作物非食用部(籾殻、おから、枯葉など)は、年間約1400万トン発生するが、未利用率は70%!

肥料価格の高騰を受けて、「再利用できる資源、自然に戻せる、CO2を抑制できるバイオマス資源」を今すぐできる対応策として見直しましょう!

「地域バイオマス利活用交付金」を利用しながら、平成22年までに全国のバイオマスタウン300市町村に加わりませんか!?
この交付金は事業費の1/2が国から補助されます。

あなたの市町村での取り組み状況について注目してください!
農業、牧畜業、森林業の振興のためにも!
そして、地球環境を守るためにバイオマスの利活用を推進しましょう。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください



posted by かわぐち at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月30日

TDK轄b府工場の太陽光発電システム

TDK轄b府工場は甲府市内から25年前に山梨県南アルプス市宮沢の広大な土地に移転。
東証一部上場会社であり、全社員は5000人を超え、全国の工場6つの内の一工場です。
現在、業務用の薄膜デバイス、腕時計用太陽電池を生産し約400人の従業員が勤務しています。

ここに、2年半前に太陽光発電300kWの自然エネルギーの発電所が稼動しました。
”新エネルギー100景”にも選ばれ日本の大手3社(シャープ、京セラ、三菱電機)の太陽電池を各100kWずつ設置し比較調査を行ないながら普及を促進しています。
NEDO(独立法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)と太陽光発電フィールドテスト事業として設置され、太陽電池パネルは、30度傾斜が1棟、2度傾斜が2棟であり、3棟の総枚数は1764枚。

屋上の現場の太陽光発電所に間近に立って見学させてもらうとその規模に驚き感動しますよ!
規模は異なりますが、家庭用の太陽光発電パネルの方式と同じとのことで、多くの皆さんが見学して欲しいですね!

年間、一般家庭の年間電気使用量約100軒分に相当し220トンの二酸化炭素を排出削減することになります。
大規模な工場なので電力の自家消費量としてはまだまだ少ないですが、「太陽の恵み」をクリーンエネルギー発電に活用しています。
停電になっても「自立発電システム」を設置しているので電源として使用でき、地域の非常用としても利用できます。

県内で最大級の太陽光発電システムを見学する企業、団体や地方自治体、個人グループも多く同社の「環境プロジェクト」チームは社会的な貢献を推進しています。
山梨県は日照時間が長く、この自然の恩恵を最大活かし、同社の先進技術を大いに広めて欲しいですね!
この地球にやさしい自然エネルギーの利用の取り組みについて学びましょう。

産業観光研究会では、第19回10/20(月)午後約1時間半「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」に同システムを見学します。
ご関心ある方は奮ってご参加ください。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください




posted by かわぐち at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

原子力発電と自然エネルギー

新潟県の柏崎原子力発電所が事故により修復中だ。
原子力発電に関しては、濃縮工場など設備プラントの安全安心の保証確立はもちろんである。
一方、基本的な条件である“火種“となるウランの安定した確保の保証をできるのでしょうか???

国内の原子力発電所で用いるウランは全量が海外から輸入されている。埋蔵量の多い順にオーストラリア、カザフスタン、カナダ、南アフリカ、アメリカ合衆国などがあり日本の安定供給先は?

埋蔵量が多いオーストラリアの試掘権が エネルギー需要の高まりで激しい争奪戦になっている。
そのためそのウランの調達額も安定しているのでしょうか?

一たび、原燃料の「ウラン供給を絶たれる」国家的な危機をどのように想定しているのでしょう?

輸送上の管理は完全に安心保証できる状態でしょうが、海上輸送時には二酸化炭素CO2を発生する。
原子炉で核燃料として用いられるウラン235は、核兵器の主要な材料としても用いられる!!

世界の原子力発電の主流は軽水炉であり、採掘されたウランは軽水炉で使用するために濃縮工場でウラン235の比率を高めて濃縮ウランにされる。

それにしても、わが国の「安全安心な風林火山の自然エネルギー」を最大限に利用するエネルギー政策に期待したい! 
わが国の産業界はクリーンエネルギーを活用する資本と技術力は十分ある!
国民の理解も十分得られるので、自然エネルギーの開発と普及のスピードを前倒しで早めて欲しいですね!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください



posted by かわぐち at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

気象庁はさまざまな情報を発信中

皆様は気象庁のサイトをもうご覧になっていますか?
一度ご家族とともにじっくりと立ち寄って見ませんか?

近年の地球温暖化によるさまざまな異常気象や災害の状況などについて、天災地変に対する防災対策などなど。
身近に役立つ豊富な情報が満載ですよ!

地域や、近くや遠くに住んでいる家族・親戚などにもお知らせしてともに学習しておきませんか?

地震王国の日本は、常日頃から用意周到、備えあれば憂いなし!

小生、自分が感動したことや、自分で感心した経験について積極的に紹介することにしてます。
また訪ねてみたいサイトや、地域活性化のために「産業観光」の勝れた見学先などはさっそくみなさんにお知らせしともに学びたいと心がけています。

今の時代、温もりのふれあい、コミュニケーションがたいせつだから

我が家でも地震対策など緊急避難の準備をしなければなりません!!
ともすると遅れがちになっていけないですね
皆さんの取り組み状況をお知らせくださ〜い!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください




posted by かわぐち at 06:57| Comment(0) | TrackBack(2) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

山梨県風林火山自然エネルギーマップ

NPO法人みどりの学校は山梨県にある自然エネルギーを利用している施設などの「風林火山自然エネルギーマップ」を2万部作成。
県民に「教育教材」にも活用されるよう自然エネルギーの必要性について理解と普及を促しています。

 風力発電所では、風が強い地域を選んで学校などが多いようです

 森林資源の木質系バイオマスエネルギーや、植物油の廃油をBDF油として利用する事例

 太陽エネルギーを利用した太陽光発電、太陽熱温水利用の施設

 山間地の水力を利用する水力発電や河川の落差を利用した小水力発電所など

山梨県は、日照時間が長いメリットがあるので業務用、公的施設、民間住宅などで太陽光発電システムの普及も進んでいる。
山梨県内では、69施設と多く、政府の補助も強化されるので普及がさらに進むでしょう。

また全国レベルの大手企業による大型実験も実施され、視察・見学者も多いです。

TDK株式会社甲府工場太陽光発電300kWを発電中。
”新エネルギー100景”にも選ばれ日本の大手3社の太陽電池を各100kWづつ設置し比較調査を行ないながら普及を促進中。


これまでの実績で、年間、一般家庭の年間電気使用量約100軒分に相当する電力を供給。
年間120トンの二酸化炭素を排出削減することになった。
 
産業観光研究会では、第19回10/20(月)「TDKの太陽光発電と釜無川浄化センターを見学し環境問題を考えましょう!」として、同社の現場を見学します。
この地球にやさしい取り組みについて学びませんか?
ご関心ある方は奮ってご参加ください。
 尚、同工場では業務用の薄膜デバイス、腕時計用太陽電池を生産しています。

☆小水力発電所では、第18回9/25(木)都留・大月市へ「環境・文化教育・リニアと産業観光の真価にふれ合いませんか?」として都留市役所内にある小水力市民発電所「元気くん1号」を見学します。
 
 市民公募「つるのおんがえし」債により設置された水車による発電所。2号機を建設予定です。
 地球温暖化防止に自然エネルギーを活用する都留市の取り組みについて学びます。

風林火山自然エネルギーマップ」マップを欲しい方は、当ブログにコメントいただくか、NPO法人みどりの学校に連絡いただければ差し上げます(送料はご負担をお願いします)。

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください
posted by かわぐち at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

防災科学技術研究所をご存知でしたか?

独立行政法人防災科学技術研究所(防災科研) のサイトをもう訪ねましたか?
調査研究と情報提供の役割がますます大きくなっています。

災害には、土砂災害と、気象災害に大きく分かれます。
土砂災害では治山治水、橋梁の耐震チェック 山崩れ、道路崩壊など。
気象災害では、震災対策、火山、台風、ゲリラ豪雨など

近年では、都市災害もさまざま発生しています。

日本列島の地下、地上、上空には大きな自然の危険リスクが潜在しています。
災害時の危機に対する適切な対策の体制も必要です。
防災科研のホームページでは、防災関連のデータもたくさん見ることができます

自衛隊にはタイムリーな出動による「災害を最小限度に押さえ込む」ために任務を存分に果たして欲しいですね!
また「災害復旧活動を早期に手早く」行ない、「民生の安定、地域や家族の平穏な生活を守る」使命を担って欲しいですね!

行政機関では、次のとおり多くの情報を発信しています。
 内閣府 防災情報 /首相官邸 /
 国土交通省 /文部科学省 /
 気象庁 /消防庁 /
そして防衛省・自衛隊がありますね
その他、各地の気象台があります。
 例えば、仙台管区気象台 /盛岡地方気象台 / など

研究機関・大学・学会では、防災科研 /国土地理院 /産総研 /日本地質学会 / など
実際の研究機関オフィスをお邪魔することは難しいでしょうが、さっそくホームページを
訪ねてみませんか!?
常日頃、防災に対する知識を高めて、避難訓練や、非常時の連絡や対応策など用意周到しておきましょう!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください



posted by かわぐち at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

自転車通勤に奨励金

小生は、町内はマウンテンバイクでゆったりと、快適に、健康的に移動している。
自転車では、真剣に下半身に負荷をかけて走りますよ!
20代に柔道をやっていたり、壮年時代から水泳、ジョギングも好きだったので。

都会のビジネスマンは日頃、「パソコンに向かう時間が多く、外出は乗用車、ビルの階段はエレベーター、エスカレーター」では、ホントニ運動不足になりますね!
メタボリックシンドロームおじさんが増えるのも当然でしょう。

さて、通勤に自転車を奨励して補助金を出すとはうらやましい限り。
健康管理も、ガソリン代の節約も個々人でしっかりやらなければ!!

山梨県のコープやまなしでは、通勤距離1.3kmから10km圏内の対象者108人に呼びかけ、徒歩や自転車通勤を奨めている。

目標では、2年間で40人がこの奨励制度を利用する場合、二酸化炭素CO2を年間約24トン削減できるとのこと。
9月16日から実施だが、子どもの送迎などで忙しい方を除き、早期に対象社全員が実行するのではと期待したい。
毎月、実施状況を発表して欲しいですね。

コープやまなしは環境問題に対して多くの事業を活発に行っています。
山梨県
内で先進的に取り組んでいる状況についてどうぞホームページからご覧ください。
組合員や地域の主婦グループが地球温暖化防止のさまざまな活動に積極的に関わっています。
皆さ〜ん、ホントニ地球温暖化に対して真剣にその防止対策を着実に実行していきましょう!!

都会でも、自転車通勤者が増えているようですが、やはりヘルメットをかぶった方がよいでしょうね!?

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!

経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 地域経営と情報の利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください



posted by かわぐち at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

ペットボトルの原価と再利用の検討を!

この10年余り自販機とペットボトルの普及が際立っている。
最近ようやく「ペットボトルを洗浄して使おう」という研究検討が始まった。

古いデータだが2005年には500mlペットボトルの原価はおよそ次のとおりだ。

ペットボトルの値段 17円
茶葉、砂糖などの原料代 23円
人件費・物流費など 41円
リサイクル委託料 0.8円
メーカー利益 3.2円
原価合計 85円

ボトル代は石油の高騰により、コストが急上昇中。
もちろん運送などの物流費も、茶葉を生産するための肥料代なども値上がりしている。

これに小売店の利益が加わり、ディスカウントショップで約88円から、コンビニでは150円ほどになる。

軽くて、持ち運びもでき、飲みやすいペットボトルだが、
再利用するために回収して破粋し工場で生産する工程のコストはバカにならない。
回収ボトルの運送と、再生産工場での燃料による二酸化炭素CO2発生は大きく世界的な問題だ!

☆洗浄して使うための衛生管理と工場のコストについて研究を急げませんか?
☆「マイボトル」を持参して、タンクの蛇口から200ml、500mlを量り売りする方法はいかがでしょう?

ペットボトルのプラスチックメーカーが生産できなくなり売上減になるが、タンクの新規需要が期待できる!
ともかく化石燃料を使わない、地球にやさしい「資源の循環型社会」を即刻に実現していかなければ!!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!


経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 経営とIT利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください


posted by かわぐち at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

小型風力発電の先進企業ゼファーがクリーンエネルギーをお届けしています

ゼファー株式会社は、1997年(平成9年)資本金5000万円で創業。
その後勝れた風力発電の開発技術が認められ2004年には、経済産業省の補助金を受け、産学官共同研究開発プロジェクト「プロジェクトZ」が発足。

世界最高性能の小型風力発電機「エアドルフィン」の量産化が決定されその後市場シェアを飛躍的に拡大しています。
貴地においてもさまざまな分野で小型風力発電「アウルOWL」シリーズや、「エアドルフィン」シリーズが「自然と風とが調和」する景観の中でクリーンエネルギーを供給している実績をご覧になれますか?

山梨県では株式会社メディアクラートが代理店となっています

丹沢寛社長は、電気店に育ち、この業界のリーダーでもあり、自然エネルギーの普及推進に東奔西走の活躍をしています。
山梨県内では、南アルプス市や富士川流域なども四季を問わず風が吹くので、小型風力発電が地域や家庭に対しクリーンな電力を供給するのに大いに役立つでしょう!!

ECサイトAMIPLAZAにもお立ち寄りください
店長日記では、成人病予防に効く桑茶や、「油の関連」について連載中です。

油を吸着・生分解する環境バイオ製品オイルゲーターをお試しください。
バイオ製品セルソーブは天然素材で油を吸着します!


経営支援塾 中小企業の経営を活性化します!
AMIPLAZAブログ 経営とIT利活用を考えます
教育と地球環境の問題を考え取り組みます!

川口正満
産業観光研究会 毎月「産業観光」を行なっています ブログにどうぞお立ち寄りください

posted by かわぐち at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。