2013年05月07日

日本列島寒暖の差

低気圧、高気圧の存在によるものという。
北海道や北日本を喚起がおおい、”気圧配置”のために、地域の寒さ、暑さの大きな差を生じている。
なぜ、今年は特にそんな気圧配置による異常気象になるンだ?
その原因、真因はどんなことなのでしょう??
そこんところを十分に解明して解説して欲しい

そこで小生の邪推だが。。。
中国大陸に重く汚れた大気があることも関係しているのでは?
PM2.5などの汚染された大気は、当然 低層圏に滞留する。
そこで北のシベリアの低気圧が中国大陸まで広く南下できない。
そして低気圧が日本海北側に滞ってしまう
これは一理ありそうですか?
皆さん教えてください。

街中プラザ「いきいき村」は「地産地消」と地域づくりを!
AMIPLAZAブログは地域や中小企業の活性化について発信!
posted by かわぐち at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。