2016年01月27日

リニアは多方面に多大な悪影響を

リニアは多方面に多大な悪影響を及ぼします
国土交通省も「夢のリニアに乗せられて」認可したリニアが、品川でも工事が着工。
あの超高層が立ち並ぶ、品川地区の海抜ゼロメートル地帯!
地下40mを掘り進んでいく。
国土の改変に対する挑発な異常な工事であり、愚策ですね。
JR東海は、難工事と自認しているが、国土交通省は事故ある場合、責任を負うのか?

今朝朝日新聞では、東日本大震災の影響で学校など公共建物の基礎杭にも、損傷があったと公表された。
今頃?と思うが、氷山の一角であり、建て替え、補修が必要な建物が増えそうだ。
国土交通省は、自然災害に対しては防災、減災の対策を前倒しで行わなければ!
既存の建物に対する、耐震化の設計や工事を急いで、事故なきようしっかりと、万全の
監督指導してほしい。
posted by かわぐち at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

リニア 杜撰な事業計画を見直すよう要求を!

 リニアの杜撰な事業計画を見直すよう自治体の首長は、国会を通じて要求するべきだ!
 自治体の長は、JR東海の収入予測や費用計画が杜撰なので、県や国を通じて、JR東海に対して新しい事業収支計画を要求するべきだ。
 
 夢のリニアに対して、国も県も期待を寄せているが、大きなリスクや負担も発生する。
 事業計画について理解が全く不足していて、認識が実に甘過ぎる。
 
 収入計画は、人口減少や経済の環境に相応していない。
 経費では、金利などの項目が未算入で、コスト増加する要因が多く計画は瑕疵がある。
 国土交通省が事業を認可したが、収入支出の計画が現実性にかけ離れていて欠陥があり、
 「重要な事実の基礎を欠いている。」
 
 国も自治体も、JR東海の事業計画を信用してリニアにより利益を期待しているが、計画そのものが信頼性に欠けている。 超高速の技術力に過信をしていないか? 
 環境影響評価も不十分であり違法性が高いと指摘されている。
 
 国交省や環境省、国会議員、知事さえも適正な情報を提供されていない。
 不十分な理解のままに「夢のリニア計画に乗せられている」ようだ。
 
 リニアは「知れば知るほどリスクが大きく、地域と住民に不利益と負担が大きく、乗らん、要らん!」のです。
 町民に責務を負っている町長はこの事業計画が適正であると考えているか?

企画課長 リニア事業は、全国新幹線鉄道整備法に基づき、工事実施計画の認可申請された。
 国土交通大臣は「技術基準等への適合」、「環境への配慮」、「事業収支を含む工事費や、完了予定時期」の観点から審査した結果、妥当と判断し認可した。
 町において、改めて事業収支計画を求める必要はないと考えている。

参考:上越新幹線で計画対比3.5倍、東北新幹線では約2倍だった。
   計画の虚偽が10数年後に、明らかになることが必定である。
   このまま事業が進められて、我が国と国民のために安全安心と環境絵の影響がないことが
    100%保証され、平穏な住民の暮らしを脅かさないで、ホントに利益になるでしょうか?
posted by かわぐち at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

リニア 9兆円を超える国策民営事業

最新の事業計画の要求を! 
収入と費用の予測が大幅に狂って失敗する!

 リニアはJR東海単独で事業費用を負担するという在来新幹線とは全く異なる事業。
 山梨大学教授は「10年もの長期に係る事業は、収支の予想が大幅に狂って絶対に失敗する。
南アルプス山脈は1万年前は海だった、地盤が軟弱であり、長大トンネルはリスクが大きすぎる。
社会的、経済的に問題が大きく、環境への影響の観点から妥当性、適正さを欠いている
」と警告して指摘している。
 
 町には高架橋により地域が分断され、深刻な日影問題、残地の発生、地下水脈への影響、保守基地建設など工事中の多くの問題、地価の下落懸念など直接間接に大きな被害を受ける。

川口 体育館の移設 代替地の検討作業の進捗状況は?
町長 体育館の移設検討は、体育館敷地、駐車場、緑地の確保も必要であり、それらを満たす条件の中で進める。代替地は、町民が利用するスポーツ拠点施設であり、災害時の避難施設としての役割も担うので、検討委員会を立ち上げ、適地を検討していく。

川口 住民の声を広く聴いて、町民の総意に沿った方向と方法で対応するようお願いしたい。
 補正予算で計上されたリニア関連の委託金の歳入の使途は?
町長 リニア担当が行う委託業務部分であり、用地交渉を進めるので人的配置もしていく。
 JR東海が行う説明会の段取りも職員を使うので事務にかかわる職員の人件費相当分となる。

川口 町に補償、交渉など時間と経費の負担が増してくる。住民には適切な説明をお願いする。
posted by かわぐち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

町長主催のタウンミーティング

昨年夏、町長は各区でタウンミーティングを通じて、町政のPRと、町民の声を聴く
機会を持ちました。
その機会を通じて町長は、町民の要望、苦情をどのように町政に反映していくのでしょうか?
川口 町長はタウンミーティングにおいて町民の要望をどのように受け止めたか? 
 近年、厳しい環境の中で町に対する期待も高まっている。
 総合計画の中で「町民との協働の事業」が意義付けられているが、取り組みが弱いと思う。
 公共施設再配置については、地域住民に広く目を向け、大きい視野で将来へのまちづくりを仕掛けて欲しい。
 まちづくりに関しては”参加型”で、町民と一体感を持って取り組んでいくようお願いしたい。

町長 公共施設再配置計画により地域に影響がある公共施設の統廃合や地域の課題などを説明した。
 防災対策、リニア対策などに対する意見、要望も出された。
 優先的に実施すべき課題は、地域の活性化対策と安心安全なまちづくりであると受け止めた。
 町は、町民の要望や意見を受けとめて施策を展開して、住民にしっかり説明もしていきたい。

一般質問の質疑について、詳しい内容は富士川町のホームページの議会のページからご覧ください
posted by かわぐち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

地球温暖化防止を具体的に!

地球温暖化をなんとか防止、抑制しなければ!
中国やインドのPM2.5のひどい煤煙公害が、人類への発生源を抑止するよう警告しているようだ。

自動車の排気ガス、工場での火力や石炭の煤煙が主要な発生源か?
近年、宇宙開発による、宇宙に粗大ごみを拡散している先進国の責任もあるのでは?
宇宙開発は巨額の開発資金を投入しているが、さて、どれほど地球の人類に貢献しているか?

経済性と社会性、環境への影響度も熟慮すべきだ。
宇宙開発は、国家予算すなわち税金を相当につぎ込んでいる。
見えるような成果と、「費用対効果」を考慮して、
地球上の、地球温暖化防止や貧困対策、戦争内紛を集結するための資金投資に向けられないか?!

150か国の首脳は、COP21の課題として「宇宙開発を10年間凍結する」ことも検討できないでしょうか?
posted by かわぐち at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。