2014年10月03日

リニアについて考えよう その1

超電導浮上方式中央新幹線リニアについてプロジェクトの懸念材料を上げたい。
*経済性
*技術的信頼性
*環境適応性

これらの重要な要素がこの国家プロジェクトに関してすべて満足されていない!

JR東海は、世界最初の新技術による旅客輸送手段に自社の命運を掛けている。
国民に対して、安全安心な説得力のある情報を開示して、信頼性を得なければ!!

上記3点が充足されなかった世界のビッグプロジェクトは失敗しているが提示されている!

実験線での事故や沿線の環境に対する影響やトラブルもあったことだろう
それらの実情についても、真摯に実態を広報するべき義務があるが何一つ公表されていない。

隠し事の多い国家プロジェクトは、国民から信用されずに、反対が起きても当然である。
JR東海には、
上記の3要件が十二分に満足されるかどうか、
実験線のこれまでの実情について公開すると同時に
コスト倒れとなることが疑いのないリニアを見直す勇断をみせて欲しい。
posted by かわぐち at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。