2013年01月24日

リニアの電力供給についてJR東海に質問

リニアの電力供給についてJR東海に質問であり、昨年山梨日日新聞に一部修正されて掲載されました。
(JR東海のご関係者やこの電力供給の技術と方式について詳しい方のご教示をいただければ有難いです)

超電動浮上方式リニアは原子力発電による電力が前提条件でしょう。
また輸入に依存するレア金属である液体ヘリウムを使用して走行すると解します。
いづれも恒久的に安定して供給されるかどうか極めて不安であると懸念します。
これらの関連の情報がこれまでなぜか十分公開されていないので国民はその重大さを理解できないまま月日が立っています。
次世代のためにもこの場を借りて勇気を出して質問し、JR東海から説得力ある見解を求めます。

自然保全に関連する環境評価の作業が進んでいます。
が、リニアの実現には原子力による電力供給について安全安心できる技術をもとに、また必要な資源の供給条件も保全されること、そして国家的なリスクがないことを詳しく説明されるよう要望します。
「原子力発電所を廃炉にしよう」という国民的な声も大きく、また浜岡原発を恒久停止にという県内や静岡県の地方自治体、経済団体から請願も出されています。
今、東京電力は大津波や地震に対する安全対策が不十分だったので国家的な被害を与えてしまい経営破綻状態となり、国とともに社会に対して何十年にわたり、損害賠償を負っていきます。

JR東海はリニアの電力は、原子力発電と液体ヘリウムの利用を前提条件とすることを明言してください。
他の電力供給でも走行できるのでしょうか?
液体ヘリウムが輸入できない事態は全くないのでしょうか?
その上で、危険性が完全にないことについて、中部電力とともに関連情報を十二分に公開して未来永劫に「地域社会と人々の命を安全安心に保証できること」を宣誓してください。
(富士川町 川口正満 昨年は63歳でした)
posted by かわぐち at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

地域を元気に明るく!

いきいき村
 会員・協賛者の皆様へ
 町内外のご支援いただくお客様、皆様へ

昨年は大変ご愛顧いただき有難うございました。

巳年25年 ご家族皆様のご多幸を祈念しております。
 「地産地消」を広めて地域をドンドン活性化していきましょう!

 地球に優しい取り組みも意欲的に実行していきましょう
 例えば、生ゴミの減量化など

いきいき村では次の”25”目標を掲げて取り組みます
1)食品加工品やギフト品を拡販して、25%アップ販売促進しましょう!
2)安全安心の[いきいき菜]など農産品を25%意欲的に増産しましょう!
3)楽しい試飲試食の「まいど・いきいき朝市」を25回行ない、集い語らいます!
4)会員それぞれが町外から知り合いやお客様を25人お誘いしましょう! 
5)会員や協賛者を25人増やし、街中プラザ「いきいき村」を大きく育てましょう!

本年は国民文化祭が行なわれ県外からも大勢のお客様をお迎えします。
1月19日、20日には文化ホールで太鼓祭りが、4月には鰍沢で山車祭りが行なわれれます。

2月3日は昌福寺の節分です。いきいき村も例年通り出店のお誘い受けて盛り上げに協力します。

そんなこんなで街と人々が元気に明るくと願いながら、知恵と汗をかいていきたくよろしくお願い申し上げます。
尚、小生町の行財政改革推進委員として町の活力を高めて行政を身近にできるよう参画します。
皆で「町と人々が元気に明るく!」と広めていきたいですね

街中プラザ「いきいき村
  代表 川口正満、役員一同
0556-48-8177
富士川町青柳町221-1

ラベル:地域
posted by かわぐち at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球環境を守る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。